医療や介護施設が合わないと感じたら

看護師の資格を取得すると、学校での就職活動の流れに身を任せて病院に就職する人が多いですが、仕事を始めてみると、「あまり自分に合っていないのではないか」と思い悩んでしまう人も珍しくありません。しかし現代では、必ずしも病院だけが看護師の職場ではないため、クリニックや介護施設などへ転職をする人も多くなりました。転職によって自分に合わない職場から脱出出来る人もいますが、それでもなお自分に合った仕事を見つけられずに悩む人もいます。

そのときに重要になるのが自分の性格をよく考えて、自分の適職は何かと考え直すことです。
看護師の仕事は女性に向いていると言われていますが、必ずしも全ての女性が看護師の仕事に合うわけではありません。性格によっては典型的な看護の仕事は適職ではない場合もあるでしょう。看護の仕事は基本的にはサービス業ですので、献身さがなければなかなか難しい仕事です。あまり献身的に人に貢献するのが性に合わないという人の場合には、職種を大きく変える必要があります。そのような場合には、自分にとっては医療や介護の現場では適職ではないと考えて、一般企業に目を向けることも大切です。一般企業の中でも医療機器メーカーや介護機器メーカーでは、看護師の現場経験を活かすことが出来ます。医療の専門家としての性質もあるのが看護師であり、そのようなメーカーで重宝されます。その方が性格に合っているかもしれないと感じたら、一般企業で仕事をすることを検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です